親鸞会の前身 前田会館の思い出

親鸞会 雪

 浄土真宗親鸞会も今年で結成50周年。

 公式サイトではその50年の布教の歴史を振り返る特設ページ高森顕徹先生と親鸞会の50年が開設され、次々と思い出深いページが追加されています。

 昭和30年代……戦後の混乱から立ち直り、高度成長に向かって歩もうとする中、逆に浄土真宗の教えは正しく伝えられず、戦争協力した東西本願寺を始め真宗各派は衰退の一途でした。
 そんな中産声をあげた親鸞会が、最初に建立した会館が、高岡市前田町の会館でした。
 本堂の広さは24畳。正本堂の大講堂正面の大型映像装置が広さ30畳ですから、前田会館がすっぽり入ってしまいます。
 小さいながらも、その会館の中は法悦に満ちる熱い空間でありました。
 
 特によく聞く語り草は、「38豪雪」と言われる大雪の中、高森顕徹先生が布教に回られたというエピソードですね。
 昭和38年の豪雪は、高岡市伏木でも積雪225センチにもなったそうで、山沿いはもっとひどかったことでしょう。この時の富山県の様子を示す写真資料はネット上にはあまり見られないのですが、たとえばここには、上市町の様子が分かります。……これ、2階の高さに道がついていますよね。

 実生活の場にて、自分の背丈を超える積雪を、みなさんは経験されたことがありますか? 
 私も一度だけ経験がありまして、2階から出入りしたことがありましたが、なにせシャレにならない積雪です。出掛けられたものではありませんでした。
 そんな中、仏法一筋に進まれた様子は感動ものです。

 詳しくは、「親鸞会 前田会館の思い出|昭和38年の豪雪」をご覧下さい。

|

誰も近寄らない療養所へ……不治の病だった「結核」

 結核と聞けば、以前は不治の病として恐れられていましたが、その後の医療の進歩で「恐ろしい病」ではなくなりました。
 しかし、最近はまた増加傾向にあるそうです。
 咳がでるし、風邪かなあ……と思っていたら、実は結核だった!という話も、よくあるそうです。
 しかも、年配の人ばかりではなく、若い人でもよくあるようです。
 結核は空気感染しますので、かかるとやはり「隔離治療」になります。
 防ぐ手だては、やはり自分の免疫力を高めるよりありません。日ごろから、健康的な生活をしていくことが大切ですね。

 さて、戦後まもない頃、高森顕徹先生は「結核療養所」というところへ布教に行かれていました。
 つまり隔離病院です。
 当時、「療養所に入っただけで、助からない」と言われていた結核。外部の人はおろか家族でさえ近寄ろうとはしなかった場所へ、無常迫る方々に親鸞聖人の教え一つを伝える為に、通われたのですね。
 その時の様子を、親鸞会 公式サイトの高森顕徹先生と親鸞会の50年のページに「結核診療所での説法」と題して掲載されています。
 結核療養所の仏教会会誌に、高森先生と患者との、鬼気迫るやり取りが掲載されています。それもそのままアップされていますので、是非目を通して頂きたいですね。

|

ファンタスティック富山!

Toyama

 最近の親鸞会「顕正新聞」の紙面をにぎわせている一つに、富山の観光名所があります。

 ファンタスティック、富山!ribbon
 ということで、射水市にある親鸞会館へ行くならば、合わせて行ってみたい富山のホットなスポットです。

 日本海側というと、何となくどんよりとした暗いイメージがあるのですが、それを払拭しようと富山県としても大きな観光PRを打っているようです。
 そりゃ、何と言っても海の幸ですよね。

 話は脱線しましたが、ネット上でも写真と共に富山の美しいスポットを紹介しているのが親鸞会ダイアリーなので、是非のぞいて見て下さい。
 日本桜の名所100選の中には、富山市の松川沿いと高岡市の古城公園があるそうですが、さてさて今後の見所はどこになるでしょうか。

 5月あたりは、立山の雪の大谷でしょうか。それとも、砺波のチューリップフェアでしょうか。
 そこらへん、また写真で紹介してくれるのでしょうかね。県の観光PRに、親鸞会も一役買っていますね!


| | Comments (0)

忘れてはならない、大切な日がありますか

毎日にぎやかなブログ「親鸞会 菩提樹」ですが、その中の興味深い記事を一つ。
毎日が「ありがとうの日」

この3月にはどんな日があるのかなと調べてみたら、3月9日に、「ありがとうの日」とありました。
3(サン)9(キュー)からの命名で、「ありがとう」をどんどん言おうという日だそうです。

なるほど、それにしても「サンキュー」は、親鸞会では今話題の言葉となりましたね。

語呂合わせの記念日もいいのですが、私たちにとって忘れてはならない日があります。
浄土真宗での年間行事では最大の「報恩講」や「降誕会」は、親鸞聖人のご命日、ご生誕の日に行なわれますよね。

|

最近のニュースもあるブログ「親鸞会 菩提樹」

どうも最近のちょっとしたニュースも掲載されているようです。
公式サイトにある「親鸞会 菩提樹」ブログです。

日記じみた内容が多いのですが、同朋の里での工事の状況を写真入りで紹介していたりすると、ホットでとても楽しいですね。

今後も新しい話題を是非提供していただきたいです!

|

最近、写真がイカしてます

親鸞会館の周辺に、何か観光スポットがないものかと、よく思います。
先日も、「五箇山」を写真で紹介してくれた「親鸞会ダイアリー」でしたが、今回もやってくれました。
聞法ドメイン周辺には白鳥も飛来します
富山西インター近くの「田尻池」を、これまた美しい写真と共に紹介してくれています。
この辺りは、「富山ファミリーパーク」もあって、野鳥観察のスポットが、結構あるようですね。
ファミリーパークも冬期間は入園無料です。お子様を連れて親鸞会のご法話へ参詣される方は、ついでに立ち寄ってみてもいいかもしれません。

小杉の「薬勝寺池公園」も、まあまあだと思いますけどね。

|

雪の五箇山 ライトアップが美しい!

世界遺産に登録されている富山県五箇山。合掌造りの家々は、日本国内だけでなく、世界に誇る文化遺産となりました。
その五箇山と聞いて、忘れてはならないのは、やはり何といっても「赤尾の道宗」でしょう。
蓮如上人のお弟子で、真摯な仏法者として有名です。

さて、その冬の五箇山に行ってきた、というレポートが「親鸞会ダイアリー」の「雪の五箇山で“赤尾の道宗”を偲ぶ」というタイトルで掲載されています。

何と行っても、写真が美しいです。この時期は「岩瀬家のライトアップ」がイベントとして催されるそうで、多くのカメラマンも訪れているのだそうで。
それにしても、この大雪の中、瑞泉寺まで徒歩で参詣した道宗……すごいです。

|

除夜の鐘……消え行く運命に?

親鸞会 公式サイトのブログ「菩提樹」に掲載されていた記事より。
消え行く鐘の音……守るべきものは何か

寺院後継者問題は深刻で、最近では西本願寺も「Net縁」なるものを立ち上げ、宗派で結婚斡旋をしています。
「寺の鐘の音が消える」と嘆くことより「寺で説かれる教えが聞けなくなる」ということの方が、本当は門徒にとって深刻なのです。

特に過疎地域での寺院経営は困難を極めていますが、親鸞聖人の教えを聞きたい、勉強したいという人は非常に多い。
そんな方々に、真摯に答えていかねばなりません。

|

更新情報

公式サイトなどの更新情報が簡単に手に入るようになっています。
特に便利なのは、Access New site Season1ですね。
URLまで「便利」です。

|