火宅無常の世界……岩手の1日も早い復興を願う

 6月14日朝、突如襲った岩手・宮城内陸地震
 被害の状況については連日報道されていますので、ここで記すまでもありませんが、1日も早い復興を願うばかりですね。
 
 地震と言えば、思い出されるのが、昨年春の「能登半島地震」。
 丁度、日曜日。親鸞会の行事が富山県射水市の親鸞会館で行なわれていました。
 突然の「震度5弱」
 かなりの揺れにも親鸞会館には被害はなく、参加者で整然と各所を点検したあと、講義が行われました。
 行事に参加していた構造設計担当者に聞けば
「正本堂は一般の建物より高い強度で建てられています。これくらいの地震なら全く心配要りません」と余裕の構え。

 これは地元・能登の親鸞会会員から聞いた話。
 能登町の方の家では棟瓦が崩れましたが、翌日の朝、大屋根に登ってシートで覆い、雨の対策をしました。その方は79歳ですが、一人でこなされたそうです。
「応急処置はできたから、後は本職に任せるだけだ」と、午後からは親鸞会の法話に参詣され、地元の方々にも仏法を伝えて励ましたりと、地震などなかったかのように、光に向かっておられました。

 地震があったから聞けない、ではなく、火宅無常の世界だからこそ聞かせていただかなければならない、と受け止めて進まれる親鸞会会員の皆さんを本当に尊く思います。

 話は岩手に戻しましょう。

 その岩手にも、親鸞聖人の教えを聞き求める方が沢山おられます。詳しくは、浄土真宗親鸞会 岩手県のサイトをご覧下さい。
 最近、URLが変更になりましたので、ここに紹介しておきます。

親鸞会 岩手

| | Comments (0)

聖火リレーで揺れる長野 〜親鸞聖人と善光寺〜

 北京オリンピックの聖火リレー……華やかな舞台である筈が、チベット問題で大騒ぎ。
 さて、今月26日は、日本の長野でも聖火リレーが行なわれますが、さてさてどうなることでしょう。

 善光寺がリレーの出発地を辞退して、ルートをどうするかもめているようです。

 この善光寺、「牛に引かれて善光寺まいり」で有名ですが、境内には、なぜか、親鸞聖人の銅像が立っています。手に一本の松の枝を持たれたお姿が、印象的なのですが、浄土真宗の宗派には属さない寺で、なぜでしょうか?
 どうも、越後から関東に向かわれる途中、親鸞聖人は、善光寺仁王門前の堂照坊に宿泊されたということらしいです。
 このことを、仁王門前の看板には、

「聖人は当坊二十三世源阿房を御供に戸隠山へ登られ、山中で御休息の節、生い茂る熊笹の葉を採り六字の名号を作られ、方便の権教は野外の車の如しとして、百花百草凋落の後、笹の葉独り雪中に鮮やかなるをたとえとして、末法の世には本師弥陀の名号がすぐれた救いの教えであることをお説きになられました」

と記されていて、「笹字御名号」が語り継がれているようです。

 長野も、親鸞聖人ゆかりの地だったのですね。
 親鸞会でも長野県内各地で法話を開催しています。親鸞聖人の教えを、共に学んでみましょう。
 詳しくは「浄土真宗親鸞会 長野・山梨」のサイトをご覧ください。


親鸞会 長野


|

浄土真宗親鸞会 鹿児島宮崎 法友の集い

鹿児島、宮崎で親鸞聖人の教えを聞き求める人たちを紹介するサイトが「浄土真宗親鸞会 鹿児島・宮崎」です。(最近、URL変わりました!)
フラッシュを使った、クールなデザインが目を引きますね。猫もワンポイントのようです。

鹿児島はもともと浄土真宗の盛んなところで、江戸時代には薩摩藩の弾圧があったことは有名です。
今でも、弾圧に関する様々な史跡があるそうです。
(親鸞会公式サイトでも、それについて紹介されています→「大河ドラマ「篤姫」で憶う、薩摩門徒の歴史(親鸞会ブログ「菩提樹」

 NHK大河ドラマ「篤姫」といい、東国原宮崎県知事の人気といい、今年は「鹿児島・宮崎」の年ですなあ!

鹿児島・宮崎


|

SunIn! 山陰

山陰地方のサイトが公開されています。
浄土真宗親鸞会 島根・鳥取

田舎風情があっていいですね。
以前、NHK特集「寺が消える」の舞台となった過疎地域だけあって、ネット人口も恐ろしく少ないそうです。
ただもともと安芸門徒の流れで浄土真宗の多い地域でありますので、今後に期待したいところです。

親鸞会 島根鳥取


|

ブログで配信 静岡県

各地の親鸞会のサイトの中でも、ブログで情報発信しているのが「親鸞会 静岡ブログ」です。
Yahooブログって、以前は重かったのですが、かなり改善されたのでしょうかね。

それにしても、富士山の写真がきれいですね!camera

静岡県は、もともと浄土真宗の少ない土地柄なのですが、親鸞聖人の教えを学ぶ皆さんは元気ですね!毎月の法話の案内や、講座の様子を写真で紹介しています。

これからも、楽しくブログを運営してください!

親鸞会 ブログ


|

親鸞会 滋賀のみやこ

滋賀県での講座案内など紹介しているページです。

蓮如上人時代に、爆発的に広まった教団の中心的役割を果たしたのが、近江の国、今の滋賀県です。
現在でも、浄土真宗は大変盛んな所で、「おとりこし」と言われる報恩講は、各家庭で必ずなされるほど。

浄土真宗親鸞会 滋賀のみやこ

親鸞会 滋賀


|

浄土真宗親鸞会 名古屋

名古屋市を中心に浄土真宗の教えを聞き求める人たちのHPが「浄土真宗親鸞会 名古屋」です。
以前は「名古屋讃歌」というサイト名でしたが、最近リニューアルされて、讃歌の文字がなくなりましたね。

さすが東本願寺の台所、とまで言われるほど愛知はご縁深いところですから。今後に期待。
最近になって、やわらか仏教入門という連載講座が始まったようです。挿絵もまじえて、仏教を分かりやすく開設しています。

親鸞会 名古屋

ほか、東海地方の浄土真宗親鸞会サイト

あわせまして、愛知県東南部、つまり三河地方の親鸞会サイトがあります。 お茶を用意してくれるところまで記述してある、細かな配慮が面白いです。 三河新報

三重県のサイトはこちらです。
親鸞会 三重の法灯

|

熊本の講演会の様子

最近、浄土真宗親鸞会の熊本サイトがなんだか熱いです。
というのも、リニューアルされた後にコラムがきちんと更新されていて、しかもなかなか楽しめる内容になっています。
管理人の、かなり個人的な日記のようなコラムもあり、楽しませてくれます。

また、熊本県立劇場で行われた高森光晴講師の講演会の様子も分かって、興味深いです。

それにしても、この県立劇場は地元ではかなりのものらしいですね。
親鸞会公式サイトの沿革コーナーでも、昭和58年に高森顕徹先生のご法話が開催されていることが記されています。かなり歴史がありますね。

|

東北での親鸞会サイト

浄土真宗は少ないと言われる東北での活動を紹介したホームページもあります。
是非、訪問してみてください。

浄土真宗親鸞会 岩手
 「知られざる真宗の故郷」とは、どんな意味でしょうか。気になります(笑)

親鸞会 秋田法友ネット
 秋田は自殺率全国一の県なので、対策にも力が入っています。

宮城 杜の都教室
 最近、URLが変更になっています。

親鸞会 青森県
 新たに開設されていました。URLがすごいです。写真は無いようですが。

杜の都 親鸞会


|

浄土親鸞会 東京都

首都・東京にて開催している、浄土真宗の講座を案内しているのが、浄土真宗親鸞会 東京都のサイトです。

若き親鸞学徒の声も集めてあり、東京らしい充実したサイトになっていますね。
法話の様子を紹介しているブログもあり、にぎやかです。

団塊の世代に向けて、本願寺派なども首都圏で新たに100万門徒を目指しているほどだそうで、今後の活動に目が離せませんね。

東京 浄土真宗親鸞会


|