« 携帯電話に「携帯仏壇機能」がついたというお話 | Main

信仰対象の尊厳を踏みにじる「もっこり」マスコット

 北海道の「まりも」をイメージしたキャラクターに「まりもっこり」という人形がありました。
 それについては、ここでの説明は致しませんが、その類似商品として「大仏もっこり」という人形も存在します。

……存在します、と言うより、存在しました、でしょうか。

大仏もっこり


 そもそも、この「大仏もっこり」は、まりもっこりと同様、下半身のある部分が「モッコリ」している「大仏」の人形。
 なぜ、こんなキャラクターを作らねばならなかったのか意味不明ですが、これには「東大寺」がカンカンに起こり、販売差し止めの要請が業者になされたとか。
 
>>「大仏もっこり」に待った! 東大寺カンカン(産経ニュース)

 抗議理由は「信仰対象の尊厳を踏みにじっている。」……当然の内容でしょう。
 この抗議を受けて、発売元は販売を中止。出来る限りの回収を約束したとか。
 
 ただ、ネットショップやオークションなどでは、現在高値で出回っているそうです。
 仏様を茶化してはいけませんね。
 
 
 ところで、似た話とは言えないでしょうが、その昔、「アミダばばあ」なるキャラクターがテレビに登場していました。
 そう、「俺たちひょうきん族」の中で、明石家さんまが演じた悪者キャラ。
 アミダくじ攻撃をするという訳の分からないものでしたが、阿弥陀如来が本尊である浄土真宗にとっては、正に信仰対象の尊厳を踏みにじる……と言えそうなものではなかったか、と今更ながら思い起こされます。
 
 
 仏教を学ぶ者として、教えを分かりやすく伝える為に、楽しいキャラクターを生み出すことはいいことだと思いますが、度が過ぎて「大切なものを」を見失ってはなりませんね。
 

|

« 携帯電話に「携帯仏壇機能」がついたというお話 | Main

とってもアラカルト!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16557/45505157

Listed below are links to weblogs that reference 信仰対象の尊厳を踏みにじる「もっこり」マスコット:

« 携帯電話に「携帯仏壇機能」がついたというお話 | Main