« 科学の行方 ~生きる目的と親鸞会~ | Main | 本当の人生の勝利者 親鸞会の見解 »

アカデミー賞作品にも因果の道理 ~親鸞会はかく明らかにする~

Gy189_l

おくりびと」「つみきのいえ」のアカデミー賞W受賞に沸く日本。
ではメインの作品賞は何だったのか?

それはダニー・ボイル監督の「スラムドッグ$ミリオネア」。

作品賞、監督賞を含む、今回最多の8冠でした。

この映画は、学校にも行ったことがないインド・ムンバイのスラム育ちの孤児ジャマールが、世界最大のクイズショー「クイズ$ミリオネア」に出演し、快進撃を続けていく、というもの。
その中で、貧困など様々な社会問題に触れられ話題になっています。

原作はインドの作家ヴィカス・スワラップ。

実はこの作品、デビュー作なのです。
悲惨な現実に立ち向かう主人公は、様々な経験を経てこう知らされます。

「運は自分が作り出すものだってわかったんだ」

辛い境遇に陥ると、あいつのせいで、こいつのせいでと恨んだり、そういう運命だったのさとアキラメたりしがち。
しかし、そうではありません。

善因善果
悪因悪果
自因自果

善い結果も悪い結果もすべて自分のまいた種。

蒔かぬ種は生えませんが蒔いた種は必ず生える、と教えるのが仏教。
その仏教の真髄を教えられたのが親鸞聖人です。

運(善果)不運(悪果)は自分の行為が作り出すもの。

世界を感動させた物語の結論もまたそうでした。
どこの国でもいつの時代でも変わらぬ真実を説いているのが仏教なのです。

そのお釈迦様の教えをはそのままお伝えする集まりが浄土真宗親鸞会です。

|

« 科学の行方 ~生きる目的と親鸞会~ | Main | 本当の人生の勝利者 親鸞会の見解 »

とってもアラカルト!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16557/44220781

Listed below are links to weblogs that reference アカデミー賞作品にも因果の道理 ~親鸞会はかく明らかにする~:

» 時間を忘れて [浄土真宗親鸞会 道北・法友の集い]
百味館の朝食バイキング(写真)を頂いて、 1日は、浄土真宗親鸞会の学生さん主催の高森顕徹先生講演会でした。{/kaeru_en4/} 「真実の自己」の演題で、芥川龍之介の『クモの糸』の お話もありましたよ。 夜は皆さんと同朋の里に宿泊して、信心の沙汰です☆ 開放的なD館ホールで、時間を忘れて語り合いました。 皆さん法悦に満ちておられました〜!→{/dog_happy/}{/rabi_happy/} 時計を見ると、おっと、もうこんな時間。消灯でーす。 もっともっとさせて頂きたいですね・・・ ... [Read More]

Tracked on 2009.03.03 at 09:57 AM

» 對雪習慣了(雪景色が当たり前に) [じゃがいもとあずきと流氷(浄土真宗親鸞会講師:Tsuneto Kato)]
富山は山にしか雪が残っていませんが、新千歳空港へ到着すると、雪景色。初めての観光 [Read More]

Tracked on 2009.03.03 at 09:59 AM

» 死んだらどうなるの? [山形親鸞学徒の活動ぶろぐ(浄土真宗親鸞会)]
★山形親鸞学徒の活動ぶろぐ(浄土真宗親鸞会)へようこそ★   初めての鶴岡での講演会。  雪に覆われた月山が、とても雄大でした。  参詣者された方が、「死んだら生まれ変わると言っている人がありましたが、 本当でしょうか?」と質問をされました。    生きている人間にとって、「死んだらどうなるか」、これほど大きな問題はないでしょう。  仏教は、その大問題の解決一つ説かれているのです。   ... [Read More]

Tracked on 2009.03.03 at 10:07 AM

» 浄土真宗親鸞会横浜ミーティングルームへようこそ☆ [横浜ミーティングルーム(浄土真宗親鸞会)]
Photo by:プルメリア (photost.jp ) 2月28日(土)横浜は、久々に、温かい晴れ間でした。 横浜市南区の会場で、仏教入門講座 でした。相模原市から、2時間かけて初めて、参加された御夫婦もおられました! いつものメンバーも多数、参加され、にぎやか... [Read More]

Tracked on 2009.03.03 at 10:09 AM

» 本当の自分 [富山県高岡・射水の集い(浄土真宗親鸞会)]
浄土真宗親鸞会の二千畳の正本堂にて、真実の自己について聞かせて頂きました。{/kaeru_fine/} 本当の自分とは、いかなるものか。 何千年の昔から、問いかけられている疑問ですが、 自分のことでありながら、自分のことを知ることが とても大変なことだと知らされます。  口を動かし、体を動かしているのは、心。 心が元だから、仏教では、心を最も重視すると教えられます。 自分の心。朝から晩まで一体どんなことを思い続けているのか。 どんな数学の問題よりも、物理の問題よりも大変な難問。 景気対策をど... [Read More]

Tracked on 2009.03.03 at 10:15 AM

» 本当の自分 [富山県高岡・射水の集い(浄土真宗親鸞会)]
浄土真宗親鸞会の二千畳の正本堂にて、真実の自己について聞かせて頂きました。{/kaeru_fine/} 本当の自分とは、いかなるものか。 何千年の昔から、問いかけられている疑問ですが、 自分のことでありながら、自分のことを知ることが とても大変なことだと知らされます。  口を動かし、体を動かしているのは、心。 心が元だから、仏教では、心を最も重視すると教えられます。 自分の心。朝から晩まで一体どんなことを思い続けているのか。 どんな数学の問題よりも、物理の問題よりも大変な難問。 景気対策をど... [Read More]

Tracked on 2009.03.04 at 11:20 AM

» 歎異抄第3章の悪人とは [三河HSJ(浄土真宗親鸞会)]
3月1日は芥川龍之介が1892年に生まれた日でした。 この日に蜘蛛の糸の話を聞くご縁がありました。  助けた蜘蛛の糸を縁として、血の池地獄から助かるかも しれなかったカンダッタでしたが、結局我利我利の無慈悲な 本性は変わらず、また地獄へ堕ちて行きました。  自分さえ助かれば他人はどうなってもいい、という我利我利亡者の 本性は、仏教では貪欲と言われます。貪欲は三毒の煩悩の一つ。 人間である限り死ぬまでなくならない心です。  ですから、芥川だけでなく、全人類はカンダッタと同じ我利我利の心 を持って... [Read More]

Tracked on 2009.03.04 at 11:28 AM

» アカデミー賞作品にも仏説が ~親鸞会はかく明らかにする~ [親鸞会ブログ ポータル]
「おくりびと」「つみきのいえ」のアカデミー賞W受賞に沸く日本。 ではメインの作品賞は何だったのか? それはダニー・ボイル監督の「スラムドッグ$ミリオネア」。 作品賞、監督賞... [Read More]

Tracked on 2009.03.04 at 02:07 PM

« 科学の行方 ~生きる目的と親鸞会~ | Main | 本当の人生の勝利者 親鸞会の見解 »