« 親鸞会と「御名号本尊」 〜宗制改正、その後〜 | Main | 占いに見る「現実」と、親鸞会の立場 »

何かそこに深い教えがあるという匂い ~日本人に期待されること~

20世紀最大の哲学者と言われたドイツのハイデッガー
老後の日記にある内容は、大変印象的です。

今日、英訳を通じてはじめて東洋の聖者親鸞の歎異抄を読んだ。

もし10年前にこんな素晴らしい聖者が東洋にあったことを知ったら、
自分はギリシャ・ラテン語の勉強もしなかった。

日本語を学び聖者の話を聞いて、世界中に拡めることを生きがいにしたであろう。
だが、遅かった。

日本は戦いに敗けて、今後は文化国家として、世界文化に貢献するといっているが私をして云わしむれば、
立派な建物も美術品もいらない。

なんにも要らないから、聖人のみ教えの匂いのある人間になって欲しい。

商売、観光、政治家であっても、日本人に触れたら何かそこに深い教えがあるという匂いのある人間になって欲しい。

そしたら世界中の人々が、この教えの存在を知り、
フランス人はフランス語を、デンマーク人はデンマーク語を通じて、
それぞれこの聖者のみ教えをわがものとするであろう。

そのとき世界の平和の問題に対する見通しがはじめてつく。

21世紀文明の基礎が置かれる。

世界に多くの国がある中で、日本は、大きな役割が期待されていることをうかがい知ることが出来ます。

Gy017_l_6

ある中国紙は、今月13日、記事に「日本はなぜ独立した文明なのか?決して完全に欧米化したわけではない」を掲載。

故サミュエル・ハンチントン氏の研究をもとに、日本社会の特徴を紹介しました。

1998年12月、ハンチントン氏は東京で講演した「21世紀日本の選択」(のちに『文明の衝突と21世紀の日本』集英社新書に収録)で世界は今後、7から8のグループに分かれると主張した。

そのグループとは文明を基軸として結集するもので、ヒンドゥー文明、西欧文明、ラテンアメリカ文明、東方正教会文明、中華文明、イスラム文明、アフリカ文明、そして日本文明があげられている。

唯一、一つの国家だけで文明圏を築くとされた日本は明らかに異質な存在だ。

ハンチントン氏のいう文明とは固有の価値観、振興、社会制度、社会構造を持つものを指す。

明治維新、第二次大戦の敗戦と近代以後2回も大きな転換点を迎えた日本は、一見完全に欧米化したように見えつつも独自の要素を守り続けている。

こうした外来の文化を大胆に取り込む「保守にして革新」であることが日本の特徴だという。

不況は、全世界を覆い、明るい話題の少ない昨今ですが、たとえ景気が回復し、経済危機を乗り越えたとしても、それで人々は幸せに生きられるようになったのではありません。

古今東西の人類の、変わらぬ苦悩の根元を明らかにし、すべての人の救われるたった一本の道を明らかに教えていかれた方が親鸞聖人です。

正しい親鸞聖人の教えを、親鸞会は、ひたすら皆さんにお伝えする以外にないのです。

|

« 親鸞会と「御名号本尊」 〜宗制改正、その後〜 | Main | 占いに見る「現実」と、親鸞会の立場 »

心の絆」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16557/44160048

Listed below are links to weblogs that reference 何かそこに深い教えがあるという匂い ~日本人に期待されること~:

» 親鸞会講師・北海道布教日記(写真入りで毎日更新☆) [親鸞会ブログ ポータル]
壮大な北海道狭しと布教に回っている親鸞会の講師があります。 その日記が写真入りで毎日のように更新だれてます!! 関心もたれた方はこの写真をクリック☆  ↓↓↓ ... [Read More]

Tracked on 2009.02.24 at 10:57 AM

» この本は違う! [浄土真宗親鸞会 道北・法友の集い]
さて本日は、東川町農業環境改善センターで、 お話を聞かせて頂きました。 2回目の参詣となった男性は、 10数年浄土真宗の勉強をしておられます。 『歎異抄』の解説本も、5〜6冊読まれた ことがあるそうですが、 このたび高森顕徹先生の『歎異抄をひらく』を読まれ{/book_mov/} 「今まで読んだ歎異抄の解説と違って、  スッと入っていくようです!」 「素晴らしい富山の会館で、高森先生のお話を  直に聞かせて頂きたいですね!」 と感動を述べておられました☆ ぜひ富山へ行きましょーーねーーー... [Read More]

Tracked on 2009.02.26 at 01:49 PM

» 出会いの喜び [じゃがいもとあずきと流氷(浄土真宗親鸞会講師:Tsuneto Kato)]
本当の親鸞聖人の教えと出あった喜びは、いろいろな力を与えてくれます。昨晩は、「私 [Read More]

Tracked on 2009.02.26 at 01:54 PM

» 日本一をめざす宇都宮 [茨城の浄土真宗は今・・・(浄土真宗親鸞会)]
宇都宮で勉強会を開きました。 何を隠そう栃木県は平成20年の日経リサーチの調べで、 皮肉なことに「全国一影の薄い県」とされ、 有名になったそうです…(う〜む)       ところで、宇都宮といったら「餃子」ですね。 写真は私が数ある店舗で随一の味と思っているお店の餃子です。 (たまに食べに行きます) 餃子は町おこしの一環ではじめたそうで、 当時、なぜか宇都宮が餃子の消費量、 全国1位だったことに着目して提案されたとか。 今回はその宇都宮の団地に住むMさん宅で、 仏法談義に華が... [Read More]

Tracked on 2009.02.26 at 01:57 PM

» 法輪閣 [富山県高岡・射水の集い(浄土真宗親鸞会)]
今日は法輪閣での集いでした。 集いの前、夕食に、レストラン法輪にて美味しいアサリスパゲティーを 食べました。法輪閣の中のレストラン法輪、どんどんとお客さんが 増えているそうです。  最近、WBC侍ジャパン28名が決まりました。 選ばれた人、選ばれなかった人、怪我などが理由の人もあるそうですが、 それでも選ばれなかった選手は、辛い気持になるでしょう。 今、受験のシーズンですが、受かった、受からなかった、それで 一喜一憂しているのが、私たちではないでしょうか。  選ばれ続ければいいですが、いつまでも... [Read More]

Tracked on 2009.02.26 at 02:00 PM

» 正信偈 [横浜ミーティングルーム(浄土真宗親鸞会)]
2月24日、溝ノ口駅近くの会場での講演会でした。 冷え込みの厳しい日で、雨も降り出しましたが、朝・昼・夜と続けて参詣された方もあり、寒さもなんのその、皆さんの聞法心が勝っていたようです。 本日は「正信偈」のお話でした。 有名な正信偈の冒頭、「帰命無量寿如来... [Read More]

Tracked on 2009.02.26 at 03:52 PM

« 親鸞会と「御名号本尊」 〜宗制改正、その後〜 | Main | 占いに見る「現実」と、親鸞会の立場 »