« 新型インフルエンザ対策より大事な対策は?? | Main | 何かそこに深い教えがあるという匂い ~日本人に期待されること~ »

親鸞会と「御名号本尊」 〜宗制改正、その後〜

親鸞会 本尊

 平成19年9月20日、本願寺派の「宗制」が改正され、浄土真宗の本尊について「阿弥陀如来一仏である」から「阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)一仏である」に変更されました。

 これについて、本願寺派の説明は、救済の法そのものである名号をともに示すことによって、尊号を本尊とする形式を持つ浄土真宗の特色を表した、ということでした。
 確かに、本願寺派の公式サイトの「浄土真宗の教え」の項目には、その本尊について「阿弥陀如来(あみだにょらい) (南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ))」とあります。
http://www.hongwanji.or.jp/youkoso/a02/index.html

 この改正について、裏ではどのような討議があったのか、その詳細は分かりませんが、少なくとも親鸞会では随分と前から蓮如上人の

他流には、名号よりは絵像、絵像よりは木像というなり
当流には、木像よりは絵像、絵像よりは名号というなり

のご文を提示して「御名号本尊」を強く訴えてきました。

 宗制改正以来、親鸞会でも大きな話題を呼び、公式サイト等にも、御本尊に関する話題が数多く掲載されています。
 その一部を紹介してみますと、

御名号本尊へ大きな流れ
 福井県の親鸞会会員による手記。
 「蓮如上人御影道中」のお立ち寄り所という由緒ある家が、木像本尊から御名号本尊に変えたことにより起きた事件。
 しかし、大谷派僧侶は「親鸞さまの教えでは『南無阿弥陀仏』の名号こそ正しい御本尊なのです。この家はみ教えに従い正しいお仏壇にしておられる」と言い、予想外の展開へ。
 
蓮如上人のお勧めに即断
 後生の問題を「そんなに心配しなくてもいいんじゃないですかね」というすげない住職の言葉にがっかりし、親鸞会で親鸞聖人の教えを明らかに知らされた体験記。
 
住職の意外な言葉「御名号こそ浄土真宗の正しい御本尊」
 母の七回忌の直前、自宅の絵像を御名号に変える。意外にも法事に来た住職は「南無阿弥陀仏の御名号がご安置されています。これこそ浄土真宗の正しい御本尊です」と話しだした。

 これに対して、本願寺派、或は大谷派のサイトの中を探してみると、御本尊に対してどうあるべきなのかを言及したページというのは、正直見つかりません。
 上記で紹介した本願寺派のページが唯一と言ってもいいかもしれません。

 親鸞会との、関心の差が大きく開いているように思います。

 さて、この件に関して、興味深いのはWikipediaの「名号本尊」の項目です。

 そういう項目がWikipediaに存在するのが何とも言えませんが、以前、ここでは

南無阿弥陀仏の名号を聞信する一念に往生の業事がすべて成弁するという教義であるため、偶像本尊の必要がなく、名号本尊を用いることは教義に適合する。
このことから親鸞は、偶像本尊を希望せず、名号本尊を用いたのである。別の言い方をすれば、聞其名号信心歓喜即得往生の浄土真宗の教義からくるものである。
とありました。

 なるほど、浄土真宗の教えの肝要と言われる「願成就文」から「名号本尊」が来ている。
 これについては、親鸞会の「浄土真宗講座」の項、「親鸞聖人が、御名号を本尊となされた根拠はあるのか」に詳しく解説されています。

 ところが、Wikipediaの記事には、
「浄土真宗の一部の宗派で問題にしている、「名号のみ」を本尊とする事には繋がらないと、浄土真宗の他宗派では考える。」
と、まるで親鸞会のことを意識しているかのような始まりの一文があり、何だか訳の分からない説明で「本尊の形態は、木像・絵像・名号を問わない」としています。
 何やら煙にまいて言い訳しているように読めますが、木像を本尊としていたい者にとっての理由は、これが限界なのだろうと思われます。
 形態を問わないのなら、わざわざ宗制に「南無阿弥陀仏」を加える必要などありません。

 話を戻すと、最近、親鸞会公式サイトには「【親鸞会講師の手記】 耳を疑う回答 「聖人はどうでもよい、元に戻せ」」という記事が掲載され、真宗末寺で御名号本尊を安置したことによる、宗派の動きをレポートしていて、大変興味深いものとなっています。

 長年の伝統を変えることは、容易なことではありません。

 しかし、親鸞会は「根本に尊ぶべき」本尊だからこそ、これからも親鸞聖人の教えの通り、訴え続けることでしょう。

|

« 新型インフルエンザ対策より大事な対策は?? | Main | 何かそこに深い教えがあるという匂い ~日本人に期待されること~ »

浄土真宗の教えを学ぶ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16557/44160054

Listed below are links to weblogs that reference 親鸞会と「御名号本尊」 〜宗制改正、その後〜:

« 新型インフルエンザ対策より大事な対策は?? | Main | 何かそこに深い教えがあるという匂い ~日本人に期待されること~ »