« ホットコーヒーで手を温めれば、ココロもあったかに?! | Main | 葬儀の本来の役割 仏教界の現状と親鸞会の立場 »

浄土真宗親鸞会50周年記念大会が盛大に挙行!

親鸞会50周年

11月8、9日と、浄土真宗親鸞会50周年記念大会が、富山の親鸞会館にて行なわれました。

今から50年前と言えば、昭和33年のこと。皆さん、この世に存在していましたか?
長島茂雄がデビューした年でもあり、沖縄はまだアメリカ統治下にありました。
あんまり関係ないですが、記念大会二日目の9日には西武ライオンズ巨人を破って日本一になりましたが、今から50年前の昭和33年、西鉄(今の西武)が巨人を3連敗から4連勝で日本一になったそうです。

歴史の流れを感じさせますね。

記念大会の高森顕徹先生の講演は

如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし

の親鸞聖人の「恩徳讃」についてでした。

 身を粉にしても足りない、骨砕きても申し訳ないと、恩徳讃そのままのご一生を貫かれたのが、親鸞聖人でありました。

 戦後の混乱の時期から現代に至るまで、親鸞聖人の教えを明らかにし続けて半世紀、親鸞会の活動の目的は全く変わりません。
 この「如来大悲」と「師主知識の教え」を一人一人の胸に伝えて行くこと。

それが改めて知らされる50周年大会でしたね。

|

« ホットコーヒーで手を温めれば、ココロもあったかに?! | Main | 葬儀の本来の役割 仏教界の現状と親鸞会の立場 »

声! ボイス of 親鸞会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ホットコーヒーで手を温めれば、ココロもあったかに?! | Main | 葬儀の本来の役割 仏教界の現状と親鸞会の立場 »