« イベント開催の寺々と、親鸞会の姿 | Main | 「人生は無意味」ひろさちやの驚くべき発言と親鸞会の立場 »

森山直太朗の歌詞は「生」へのメッセージとなるか?

親鸞会 人生

 森山直太朗の新曲「生きてることが辛いなら」の歌詞が、自殺をあおっているのではないかと物議をかもしているようです。

 生きてることが辛いなら
 いっそ小さく死ねばいい
 恋人と親は悲しむが
 三日と経てば元通り

 なるほど、確かにそう読めます。
 自殺をあおっているというより、「三日と経てば元通り」というのがかなり酷な歌詞ですね。いくらなんでもそれはないでしょうに。

 最近の凶悪犯罪などを見るに、「生きてることが辛いから、誰でもいいから他人も道連れに」と無差別殺人する人が多々見られます。
 そんな身勝手な報道を見て「死にたければ他人を巻き込まずに一人で死ねよ」と言う人がいるのも事実です。
 言い換えれば「いっそ小さく死んでくれ」ということなのでしょう。
 この歌詞は、それを代弁しているのでしょうか?
 
 ただ、その後に続く歌詞には

 気が付きゃみんな年取って
 同じとこに行くのだから

とあります。
 生きていることが辛いからといって、死に急がなくなって、みんなやがて同じ「死」を迎えるんだからさ、という意味でしょうか。

 結局最後は

 生きてることが辛いなら
 嫌になるまで生きるがいい

とありますので、歌全体としては死を求めるものではなく、「頑張って生きろ」のメッセージなのでしょう。

 でも、今が辛いのに「嫌になるまでもっと生きろ」というのも、残酷な気もします。本当に辛い人の心には、届かない言葉かもしれません。

 それは、答えではないからです。

『なぜ生きる』(高森顕徹:監修)には、次のようにあります。

〝人生の目的は生きること〟という主張を検証してみましょう。これを「忍耐して、生きつづけることが大切だ」と解釈すれば、
「そう、何ごとも辛抱が肝心。大事なのは生きること」
「一度きりの人生だから、生きることにこそ価値がある」
と共感する人も、少なくないでしょう。「人生に意味なんてあるのだろうか」と元気のない人でも、「生きている、それだけで人生には意味があるのだよ」と聞けば、慰められるのかもしれません。
 しかし、「苦しいのに、なぜ生きねばならぬのか」と悩んでいる人は、「生きることが人生の目的」と言われても、失望するだけではないでしょうか。答えになっていないからです。なぜ答えにならないのか。
 たとえば「なぜジョギングするの?」とたずねて、「体力をつけるため」と言われれば、誰でもわかりますが、「ジョギングするためにジョギングしている」と答えられたら意味不明です。「なぜ塾通いをするか」に「大学に合格するため」なら納得できても、「塾に通うために塾に通う」では、ナンセンスというほかないでしょう。
「なぜ生きるか」の問題に、「生きるために生きる」の解答は、言葉の意味からいってもおかしいのです。

 森山直太朗の歌詞に限らず、意外と「生きるために生きる」とある歌詞も多く聞かれます。

 Oh Life Oh Life
生きるために 生きていくの 
  中島美嘉 『LIFE』

ほら あの青空の虹のように きれいに輝いてください
あなたは生きる為に生まれてきたのですよ
  二葉百合子 『命尊し』

 歌詞になるほど共感を呼びやすい内容なのでしょうが、その「落とし穴」にも気付くべきでしょう。
「生きてることが辛い」人は、どうすりゃいいのさ。

 決して、生きるのが「嫌になるまで生きる」ために生きているのではない。「生きてよかった」と大満足する「人生の目的」がある。その為に生きている命なのだから……。
 その「生きる目的」を、親鸞聖人は明らかに教えられました。


|

« イベント開催の寺々と、親鸞会の姿 | Main | 「人生は無意味」ひろさちやの驚くべき発言と親鸞会の立場 »

とってもアラカルト!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イベント開催の寺々と、親鸞会の姿 | Main | 「人生は無意味」ひろさちやの驚くべき発言と親鸞会の立場 »