« 「人生は死に至る戦ひ」と言い残して「死」を選んだ人生 | Main | 快晴から一変! 激しい雷雨が北陸を襲う »

浄土真宗における「追悼」の意味は

親鸞会 菊

 暑い日が続きますが、今年もアッと言う間に8月になろうとしています。
 8月と言えば、盆だの慰霊だの、死者に向き合うことが多い季節でもあります。

 ところが、親鸞聖人は、

「親鸞は父母の孝養のためとて念仏、一返にても申したること未だ候わず」(歎異鈔)

『この親鸞は、亡き父や母の追善供養に一回の念仏も、一巻のお経も読んだことがないのだよ』
と、びっくりすることをおっしゃっています。


 昔から、亡くして初めて親の恩を知るといわれます。
 生きているうちは分からなくても、肉親を失った時、まじめな人なら必ず、不孝を重ねた後悔が起きるものです。大切な伴侶や愛児を亡くした時も、様々な悔恨に襲われ、悲嘆に沈むことでしょう。
 墓に布団も着せられず、遺骨にごちそうも食べさせられず、どうしたらこの心、相済むことかと思い悩むのは当然です。

「立派な葬式や法事を勤めるしか、このやりきれぬ気持ちを静める方法はない」と思われがちですが、親鸞聖人は決して、そうは教えられていないのです。

 親や先祖の恩に報いようとするならば、親の最も喜ぶことは何か、先祖の最も望むことは何かをよく知らねばなりません。
 それはあえて亡くなった人を呼び出すまでもなく、私たちが子供や家族に何を望んでいるかを考えれば分かります。
「正しく生きて幸せになってほしい」。これに尽きるのではないでしょうか。

 お釈迦さまは、それは仏法を聞信する一本道なのだと教えていかれました。

 親鸞聖人の教えによって、本当の救いにあい、永久の闇より救われて苦悩渦巻く人生が、そのまま絶対の幸福に転じ、明るく強く、たくましく生き抜かせていただける身になることが、それらの方の最も喜ばれることになるのです。
 

 しかし、そうなると葬式や法事、墓参りは無意味なのかといえば、それは全く私たちの心掛けいかんにかかっています。

 多くの人が集まるこの機会に、亡くなった人をご縁として無常を見つめ、真剣に後生の一大事を心にかけて、一心に仏法・阿弥陀如来の本願を聞けば、みんなが本当の幸せに救い摂られるのですから、これほど尊いことはありません。
 また墓参りも先祖供養の習慣としてでなく、忙しい毎日の中で、世俗を離れ人生を深く見つめる得がたいご縁とさせていただくならば、有意義なものとなるでしょう。


 お盆の季節を前にして、浄土真宗親鸞会 三重県のサイトには「お盆特集」がありますので、合わせて見ておきたいですね。


|

« 「人生は死に至る戦ひ」と言い残して「死」を選んだ人生 | Main | 快晴から一変! 激しい雷雨が北陸を襲う »

浄土真宗の教えを学ぶ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「人生は死に至る戦ひ」と言い残して「死」を選んだ人生 | Main | 快晴から一変! 激しい雷雨が北陸を襲う »