« 「道宗道」の復元 浄土真宗の先達を偲ぶ | Main | 親鸞聖人の教えと、現代のスピリチュアルブーム »

火宅無常の世界……岩手の1日も早い復興を願う

 6月14日朝、突如襲った岩手・宮城内陸地震
 被害の状況については連日報道されていますので、ここで記すまでもありませんが、1日も早い復興を願うばかりですね。
 
 地震と言えば、思い出されるのが、昨年春の「能登半島地震」。
 丁度、日曜日。親鸞会の行事が富山県射水市の親鸞会館で行なわれていました。
 突然の「震度5弱」
 かなりの揺れにも親鸞会館には被害はなく、参加者で整然と各所を点検したあと、講義が行われました。
 行事に参加していた構造設計担当者に聞けば
「正本堂は一般の建物より高い強度で建てられています。これくらいの地震なら全く心配要りません」と余裕の構え。

 これは地元・能登の親鸞会会員から聞いた話。
 能登町の方の家では棟瓦が崩れましたが、翌日の朝、大屋根に登ってシートで覆い、雨の対策をしました。その方は79歳ですが、一人でこなされたそうです。
「応急処置はできたから、後は本職に任せるだけだ」と、午後からは親鸞会の法話に参詣され、地元の方々にも仏法を伝えて励ましたりと、地震などなかったかのように、光に向かっておられました。

 地震があったから聞けない、ではなく、火宅無常の世界だからこそ聞かせていただかなければならない、と受け止めて進まれる親鸞会会員の皆さんを本当に尊く思います。

 話は岩手に戻しましょう。

 その岩手にも、親鸞聖人の教えを聞き求める方が沢山おられます。詳しくは、浄土真宗親鸞会 岩手県のサイトをご覧下さい。
 最近、URLが変更になりましたので、ここに紹介しておきます。

親鸞会 岩手

|

« 「道宗道」の復元 浄土真宗の先達を偲ぶ | Main | 親鸞聖人の教えと、現代のスピリチュアルブーム »

全国各地の親鸞会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「道宗道」の復元 浄土真宗の先達を偲ぶ | Main | 親鸞聖人の教えと、現代のスピリチュアルブーム »