« パンダが「大往生」?……往生の本当の意味 | Main | 相次ぐ硫化水素自殺に、浄土真宗が取るべき姿勢とは »

射水市はエコロジーの街

 時代はエコ。

 NHKでも、天ぷら油を使ったバイオ燃料でエコカーを走らせてエコ番組を収録しているのには驚きましたが、いまや全国各地、いえ全世界で「エコロジー」が叫ばれる時代となりました。

 親鸞会館のある富山県射水市でも「エコ対策」に力を入れているようで、オリジナルキャラクターの「エコ侍」は、チーム-6%のサイトでも紹介されて全国区に。

 4月からは、富山県全県の大手スーパーではレジ袋の有料化がなされ、「マイバック」の持参が呼びかけられています。
 1枚5円は、なかなか高く感じますね(笑)。それより、エコバックを持ってくれば、エコポイントがもらえるスーパーもあり、お得ですよ。
 それを知らずに買い物をして、驚いた方もあるでしょうが、大抵、レジの隣には段ボール箱が置いてあるようなので、それを貰うといいでしょう。
 そんな射水市のお得な情報については、「射水市情報局」のサイトでどうぞ。

 親鸞会エコ

 もちろん、親鸞会でも随所でエコ対策を推進しているようです。

 環境にやさしいこと、始めませんか。


|

« パンダが「大往生」?……往生の本当の意味 | Main | 相次ぐ硫化水素自殺に、浄土真宗が取るべき姿勢とは »

とってもアラカルト!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パンダが「大往生」?……往生の本当の意味 | Main | 相次ぐ硫化水素自殺に、浄土真宗が取るべき姿勢とは »