« SunIn! 山陰 | Main | 「『歎異抄』だけで親鸞を市民に語る時代は終わった」 »

ご生誕を祝う……「降誕会」

誕生日、あなたはどんな祝い方をしますか?

「もう、祝える年齢ではなくなったよ……」と、寂しい声も聞こえてきそうですが、この世に生を受けた喜ばし日ですから、自分の人生について考え、仏法を聞く機会にしたいものです。


さて、親鸞聖人は、承安3年5月21日、京都に生まれられた方でした。
その聖人のご生誕を祝い、開かれるのが浄土真宗最大級の年中行事「降誕会(ごうたんえ)」です。
「報恩講」と並んで、多くの参詣者でにぎわう行事ですね。

もちろん、浄土真宗親鸞会でも毎年、親鸞会館で降誕会が行なわれます。
昨年の降誕会の様子は「浄土真宗親鸞会 親子ネット」や「親鸞会 ダイアリー」などに紹介されていますので、少し覗いてみてください。

|

« SunIn! 山陰 | Main | 「『歎異抄』だけで親鸞を市民に語る時代は終わった」 »

心の絆」カテゴリの記事