« マインドコントロール論は不毛 | Main | 浄土真宗の御本尊 »

伝聞や憶測の中傷が飛び交うネット上

最近の「いじめ自殺」が話題となっていますが、肉体的な暴力だけではなく「言葉によるいじめ」が、クローズアップされています。
特に、インターネットの掲示板などを使った、「ネットいじめ」が深刻な問題になりつつあります。

2ちゃんねるなどに代表されるネットの掲示板は、口コミという利点はあるものの、その匿名性を悪用した誹謗中傷や自作自演など、見るに絶えない書き込みにあふれています。

怖いのは、面と向かっては言えない言葉でも、テキストとなれば、つい書き込めてしまう点です。
それが、意外にも相手に大きな心の傷を与えてしまうこともあります。携帯メールでのマナーが、よく問題になるのはその点にあるのでしょう。

ですから、ネット上の情報とつきあう時は、よほど神経を使わなければならないのも事実でしょう。


例えば、本願寺僧侶による親鸞会批判のサイトがありますが、その批判の反論とも言うべきサイトが親鸞会批判の真実です。

インターネットは、伝聞や憶測で他を誹謗中傷する道具ではありませんし、 いたずらに不安をあおったり、大衆を扇動したりする場でもありません。
もちろん、まともに向かっても歯が立たない相手を、貶めたり、私怨を晴らす場でもないはずです。

と前置きされているように、文章を具体的に一つ一つ取り上げ、如何に事実に反する、信憑性に欠けた内容であるかということを、明らかにしています。
かなり読み応えがありますし、大変勉強になります。

ろくに調べもせず、憶測や伝聞で相手を陥れようとする行為は、許されるものではありません。

|

« マインドコントロール論は不毛 | Main | 浄土真宗の御本尊 »

親鸞会と本願寺」カテゴリの記事